--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四條畷市の現況(9月8日時点)

2011
10/07
*Fri*
CATEGORY : 四條畷市
4月の環境省の受け入れ意向調査に対し、四條畷市は1日2t、年間最大420t受け入れ可能と回答していました。

9月8日、四條畷市・生活環境課の担当者に現在の受け入れ検討状況について伺いに行ってきました。
4月時点では、まだがれきが放射能に汚染されているという認識はなかったとのこと。現時点で生活環境課としては、「放射能汚染されているものは困る、(汚染)ゼロでないと受け入れないつもりでいる」との嬉しい回答!

現在、大阪府で国に対し、広域処理可能な廃棄物の放射能レベルなどについて質問中。その回答得て、府で委員会つくり、受け入れの是非含めゼロベースで検討される予定、年末ごろその結果が出てくるのではないかとのことでした。

四條畷市としても独自に専門家にアドバイスを求め、受け入れ可否についてさらに検討する予定。ダイオキシン問題でも国の示す規制値の10分の1を市独自の基準とし対応してきた。同様に、今回の問題についてもより安全な基準で判断を行っていきたい。四條畷市は交野市と合同の清掃組合で可燃ごみ焼却を行っていますが、焼却場は四條畷市内にあることから、四条畷市の意向が尊重されるだろうとのこと。
受け入れるとしても、市独自での放射能測定、仮置き場や焼却場周辺の住民への事前説明会、必要と考えていると。

以下、事前に提出した質問書への回答です。

*******************

2011年9月8日

四条畷市市民生活部
生活環境課長さまからの回答


質問1
 市における災害廃棄物受け入れの検討状況を教えて下さい。受け入れ意向、準備の現段階、受け入れ予定量、どこの瓦礫をいつ頃、焼却施設設備(焼却炉、使用フィルターの種類)

回答1
 平成23年4月12日付けで、大阪府を通じて環境省より依頼及び受け入れ意向調査(東日本大震災により生じた災害廃棄物の広域処理体制の構築に関する調査について)があり、当市の可燃ごみを処理している四條畷市交野市清掃施設組合及び共同処理をしている交野市と協議を行った結果、年間最大420t(一日処理量2t)の受け入れが可能である旨を大阪府に回答いたしました。大阪港から運ばれる瓦礫については、市立不燃ごみ等処理資源化施設に仮置きし、四條畷市交野市清掃施設組合に搬入する予定です。ただし、この時点では岩手県の災害廃棄物に放射性物質が含まれているという認識は無く、廃棄物の量的な判断のみでの回答となっています。
 なお、四條畷市交野市清掃施設組合の焼却炉はストーカー方式でバグフィルターで除じんしています。


質問2
 受け入れ災害廃棄物の放射能汚染の可能性についてどのようにお考えですか。

回答2
 環境省の焼却灰測定結果では、岩手県内の一般廃棄物処理施設の一部の飛灰から8,000Bq/㎡を超えるセシウムが検出されており、岩手県内の瓦礫が汚染されている可能性はゼロではないと考えています。大阪府に確認したところ大阪港に搬入した時点で放射能検査を行うとのことでありますが、その測定方法や基準値などの詳細については未だ決まっておりません。


質問3
 受け入れ判断に際し、どの放射線基準を採用される予定でしょうか。

回答3
 国からの通達では焼却灰の処理基準として、8,000Bq/㎡という数値を示しておりますが、廃棄物の受け入れ基準などは未定です。国や大阪府とも協議し決定していくことになるかとおもわれますが、当市でも独自に専門家等に相談し受け入れ基準を示していきたいと考えています。


質問4
 受け入れる場合、廃棄物や焼却灰の放射線量、焼却施設内や周辺環境への影響、作業員やじゅうみんの被ばく線量について、どのように監視を行う予定でしょうか。

回答4
 細かい方法については未定ですが、周辺環境への影響につきましては監視を行う予定です。


質問5
 受け入れの検討経過について、市民にはどのように周知し合意を得ていく予定でしょうか。

回答5
 基本的には放射性物質を含む廃棄物を持ち込むことにより汚染が拡大することは避けなければならず、汚染されていない廃棄物のみの処理を行うことを前提に考えています。放射能測定を行い。汚染がないことを常時確認し、データを示すことによって市民の理解を得ていきたいと考えています。

*****************


私達からは、
環境省での検討内容に見える問題点(焼却灰「8000Bq/kg」基準の根拠が不明、既存の法規制・クリアランスレベルとの整合性の欠如、住民・職員の総合的な被ばく量が勘案されていない点など)についてプレゼン、受け入れるとしても、汚染想定し、搬入から仮置き、焼却、埋め立ての全過程での拡散・被曝防止策、測定が必要であること、現在の意向を今後も是非通してほしい旨お伝えしました。
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


非公開コメント


TRACKBACK

TrackBack List



05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

お知らせ!

四條畷市は2月8日、受け入れ拒否を表明しました!詳しくは http://garekinawate.blog.fc2.com/blog-entry-52.html

北河内残りは 大東市+東大阪市! → 大東市・環境政策課 072-872-2181 、東大阪市・危機管理室06-4309-3130、環境事業課06-4309-3200 に「放射能がれきを燃やさないで」の声を届けてください。

 


プロフィール

がれきNO畷

Author:がれきNO畷
現在、東日本大震災で生じたがれきの他府県での焼却処理が進められようとしています。放射性物質を拡散することになる汚染がれきの広域処理方針に疑問を抱く四條畷市民+ご近所の市民でこのプロジェクトを立ち上げました!東北の被災者ととともに、「これ以上被ばくさせんとって!」との声をあげていきたいと思います。
連絡先 gareki.nawateあっとgmail.com
(あっと を @ に変えてご連絡ください)

 


 


 


 


 


最新トラックバック

 


検索フォーム

 


 


 


QRコード

QR

 


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 


Copyright © がれき受け入れどうなん!?プロジェクトin四條畷/北河内 のblog All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ ・・・ 素材: HELIUM ・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。