This Archive : 2012年06月15日

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東大阪市の『がれきが被災地復興を妨げている』という主張は根拠がない

2012
06/15
*Fri*
CATEGORY : 資料
東大阪市が被災地の復興を理由に震災がれき受け入れを表明しました。(資料1)
しかし、環境省発表の『沿岸市町村の災害廃棄物処理の進捗状況(資料2)』を見てみますと、がれきが復興の妨げになっているとは考えられません。

第一次仮置き場への搬入 岩手 → 100% 宮城 → 99%
岩手県内の第一次仮置き場は12市町村で105カ所余り。したがって、1市町村当たりおよそ10カ所弱の第一次仮置き場があります。街の公園や空き地といった場所にがれきが山積みとなっている状況を思い浮かべてもらうと分かりやすいでしょう。被災地は人が生活するには支障のない程度に片付いています。がれきがあるから復興計画が立てられない、復興の妨げになっているという主張は根拠の無いものです。

大阪府北河内地域の自治体は正しい判断を貫き、『東大阪市長のようなことはしない』と信じています。

                     * * *

(資料1)東大阪市長のがれき受入れ表明(東大阪市環境部環境事業課より)

          災害廃棄物(震災がれき)受入れにかかる報道について

 先般、東日本大震災で発生した岩手県内の可燃性の災害廃棄物(震災がれき)につきまして東大阪市受入れの報道がなされましたことに対しまして、多数のご意見を頂戴しているところでございます。
 かかる件につきましては、被災地の早期復旧・復興のため災害廃棄物の全国における広域処理を速やかに進める必要があり、本市もこれに協力したいと考えています。
 しかしながら、受入れにあっては安全性の確保が当然であり、その他、焼却施設での管理上の問題や焼却灰の最終処分場の問題などさまざまな解決すべき課題が山積しているのも事実であります。これらの課題が解決できた段階で受け入れることの方針をお示ししたところです。
 何卒、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

                                         平成24年6月8日                                         東 大 阪 市 長


(資料2)環境省 沿岸市町村の災害廃棄物処理の進捗状況
http://www.env.go.jp/jishin/shori120507.pdf
スポンサーサイト

06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

お知らせ!

四條畷市は2月8日、受け入れ拒否を表明しました!詳しくは http://garekinawate.blog.fc2.com/blog-entry-52.html

北河内残りは 大東市+東大阪市! → 大東市・環境政策課 072-872-2181 、東大阪市・危機管理室06-4309-3130、環境事業課06-4309-3200 に「放射能がれきを燃やさないで」の声を届けてください。

 


プロフィール

がれきNO畷

Author:がれきNO畷
現在、東日本大震災で生じたがれきの他府県での焼却処理が進められようとしています。放射性物質を拡散することになる汚染がれきの広域処理方針に疑問を抱く四條畷市民+ご近所の市民でこのプロジェクトを立ち上げました!東北の被災者ととともに、「これ以上被ばくさせんとって!」との声をあげていきたいと思います。
連絡先 gareki.nawateあっとgmail.com
(あっと を @ に変えてご連絡ください)

 


 


 


 


 


最新トラックバック

 


検索フォーム

 


 


 


QRコード

QR

 


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 


Copyright © がれき受け入れどうなん!?プロジェクトin四條畷/北河内 のblog All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ ・・・ 素材: HELIUM ・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。