This Archive : 2011年11月12日

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四條畷の市議さん達1

2011
11/12
*Sat*
CATEGORY : 四條畷市
昨日から市議さん・各会派代表へのアタックを開始しました。
お忙しい中、長い時間を割いて頂いた各市議さん、本当に感謝です。

初めてのことにどきどきしながらアポイント取って、
どうすれば私たちの不安が伝えられるやろうか・・・と頭ひねって資料作ってシナリオつくって臨みました。
内部被ばく、低線量被ばくの危険性を指摘する新たな知見を中心に、
作業員・住民の二次被ばくの危険性、焼却施設の汚染、汚染灰処理の問題など、
この計画について指摘されている問題を説明し、徳島市・岐阜市での意見書 を紹介し、
不安に思う母の思いと合わせて一生懸命にお伝えしましたが・・・

以下、各会派の反応です。


*四條畷維新の会 平野みはる市議

東北地域には阪神大震災の時に助けてもらった恩がある。
岩手県は地域により汚染度異なる。
復興の妨げになっている瓦礫、受け入れんとあかんのとちゃうかと。
正直に言うと、汚染されたがれきは福島県の高度に汚染された地域に集積して、
少しずつ処理するのがいいんじゃないかとも思うが・・・
受け入れる場合作業員の二次被ばくの心配もある、
放射能の影響のことは正直に言って素人、勉強します。


*公明党 瓜生照代市議、山下さちえ市議

同じ子をもつ母親として心配されるお気持ちはよくわかりました。
しかし、私たちも震災後津波で壊滅的な被害を受けた地域に入り、
幹線道路わきにまだ片づけられないがれきがたくさん積まれている光景を見てきた。
復興の促進のためにできる支援はしないと、瓦礫は少しでも受け入れないといけないと思っている。
放射線は自然界にもある。考え方は違いますが、「子どもたちの安全を」という思いは同じです。



*無所属 土井一憲市議

四條畷市、受け入れた瓦礫を仮置きするピットにも、老朽化した焼却炉での焼却余力もない。
しかし、今国で出された広域処理計画に対し、慎重を期して大阪府で専門家による検討会議が開かれている。
その結果が12月末頃には出てくると聞いている。
この結果が出ないことには、現時点では何も言えない。
検討会議の結果が出たら、閉会中でも委員会等で議会にも説明があるだろう。その時点で判断していく。
焼却後に高濃度の汚染灰が出る可能性も考えられる。
これについても、フェニックスで受け入れるのか、だめなら他の受け入れ先を府が示してくれないことには、
自治体はうんと言えない。


明日以後も順次、訪問します。

スポンサーサイト

11
3
4
5
6
7
9
10
11
13
15
16
17
18
19
20
21
22
23
26
27
28
29
30

お知らせ!

四條畷市は2月8日、受け入れ拒否を表明しました!詳しくは http://garekinawate.blog.fc2.com/blog-entry-52.html

北河内残りは 大東市+東大阪市! → 大東市・環境政策課 072-872-2181 、東大阪市・危機管理室06-4309-3130、環境事業課06-4309-3200 に「放射能がれきを燃やさないで」の声を届けてください。

 


プロフィール

がれきNO畷

Author:がれきNO畷
現在、東日本大震災で生じたがれきの他府県での焼却処理が進められようとしています。放射性物質を拡散することになる汚染がれきの広域処理方針に疑問を抱く四條畷市民+ご近所の市民でこのプロジェクトを立ち上げました!東北の被災者ととともに、「これ以上被ばくさせんとって!」との声をあげていきたいと思います。
連絡先 gareki.nawateあっとgmail.com
(あっと を @ に変えてご連絡ください)

 


 


 


 


 


最新トラックバック

 


検索フォーム

 


 


 


QRコード

QR

 


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 


Copyright © がれき受け入れどうなん!?プロジェクトin四條畷/北河内 のblog All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ ・・・ 素材: HELIUM ・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。